名古屋で数学するプログラマ(仮)

@antimon2 が趣味兼一部本職の数学で何かするときのブログ。

5進化10進数の話。

ご無沙汰してます。 前置きはばっさり省略して。 CodeIQ の大人気問題ダンジョンシリーズの「そろばんのダンジョン」という問題がありまして。大人気ダンジョンシリーズ!そろばんのダンジョンLV1~LV2の解説+最短コード発表 #javascript|CodeIQ MAGAZINE …

「yieldのお勉強 Lv.99」解説(Ruby編/Python編共通) #CodeIQ

先日、CodeIQ の以下の問題が、公開終了となりました。 たくさんの挑戦、ありがとうございます。 yieldのお勉強 Lv.99 (Ruby編)( https://codeiq.jp/ace/antimon2/q1037 ) yieldのお勉強 Lv.99 (Ruby編)( https://codeiq.jp/ace/antimon2/q1038 ) (…

「yieldのお勉強 Lv.99」ヒント公開! #CodeIQ

現在 CodeIQ で出題中の「yieldのお勉強 Lv.99」×2 について。挑戦者求む!yieldのお勉強 Lv.99 by @antimon2 挑戦者求む!【Ruby】yieldのお勉強 Lv.99 by @antimon2 antimon2│CodeIQ 挑戦者求む!yieldのお勉強 Lv.99 by @antimon2 挑戦者求む!【Python】…

「yieldのお勉強 Lv.2」解説(Python編) #CodeIQ

先日、CodeIQ の以下の問題が、公開終了となりました。 たくさんの挑戦、ありがとうございます。 yieldのお勉強 Lv.2 (Python編)( https://codeiq.jp/ace/antimon2/q1011 ) (すでに問題の公開は終了していますので、上記 URL で問題詳細を見ることはで…

「yieldのお勉強 Lv.2」解説(Ruby編) #CodeIQ

先日、CodeIQ の以下の問題が、公開終了となりました。 たくさんの挑戦、ありがとうございます。 yieldのお勉強 Lv.2 (Ruby編)( https://codeiq.jp/ace/antimon2/q1010 ) (すでに問題の公開は終了していますので、上記 URL で問題詳細を見ることはでき…

「yieldのお勉強 Lv.99」出題開始! #CodeIQ

前回問題掲載開始から、少し間が空きました。 お待たせしました! 次Lvの問題公開開始です! yieldのお勉強 Lv.99 (Ruby編) yieldのお勉強 Lv.99 (Python編) え? 誰も次が「Lv.3」とは言ってませんよ? はい、いきなり『Lv.99』です。これが最後です。…

「yieldのお勉強 Lv.1」解説補足 #CodeIQ

この記事は、「yieldのお勉強 Lv.1」解説(Ruby編) および 「yieldのお勉強 Lv.1」解説(Python編) の続きです(主に Ruby 編)。 前回紹介・解説しそびれたトピックについて追加で解説致します。前回の記事を未読の方はそちらからお読みいただくことをオ…

「yieldのお勉強 Lv.1」解説(Python編) #CodeIQ

CodeIQ 出題者デビュー問題、公開終了となりました! たくさんの挑戦、ありがとうございます。 yieldのお勉強 Lv.1 (Python編)( https://codeiq.jp/ace/antimon2/q1002 ) (すでに問題の公開は終了していますので、上記 URL で問題詳細を見ることはでき…

「yieldのお勉強 Lv.1」解説(Ruby編) #CodeIQ

CodeIQ 出題者デビュー問題、公開終了となりました! たくさんの挑戦、ありがとうございます。 yieldのお勉強 Lv.1 (Ruby編)( https://codeiq.jp/ace/antimon2/q1001 ) (すでに問題の公開は終了していますので、上記 URL で問題詳細を見ることはできま…

「yieldの使い方 Lv.2」出題開始 #CodeIQ

おはようございます。 先週に引き続き、CodeIQ で出題しました。 タイトルは同じ「yieldの使い方」、先週の Lv.1 の続きで Lv.2 です。 yieldのお勉強 Lv.2 (Ruby編) yieldのお勉強 Lv.2 (Python編) 問題内容は、前回同様、実用問題。 テストを pass す…

CodeIQ 出題者デビューしました。

このたび、CodeIQ の出題者としてデビューしました。 問題は取り敢えず2問: yieldのお勉強 Lv.1 (Ruby編) yieldのお勉強 Lv.1 (Python編) 「取り敢えず」というのは。 問題タイトルを見ていただければお分かりの通り、今回の出題は「レベル1」の問題。 …

Ruby で メモ化カッコカリ( #rubytokai 発表メモ)

昨日の Ruby東海 第32回 勉強会 で、メモ化の発表をしてきました。資料を作る暇(と体力)がなかったのですが、とりあえず発表内容をまとめておきます。

今年の『整数』問題(2014/01/10)

今年もやりました。 毎年恒例の「整数問題」。【問題1】ある整数n>0について、5^(5^(5^5))<n^(n^(n^2))<800^(800^800)であるという。nはいくつか?ちなみに今日(1/10)は私のn歳の誕生日です。【定期ポスト#1】 #数学— あんちもん2 (@antimon2) 2014, 1月 9 【問題2】ある整数n,m(n>m>0)について、nの2乗,mの2乗,(n-m)の2乗,(n+m)の2乗 がいずれも「10で割った商(>0)も余り(≧0)も平方数」となる。n,mはそれぞれいくつか?ただし今日(1/10)は私のn歳</n^(n^(n^2))<800^(800^800)であるという。nはいくつか?ちなみに今日(1/10)は私のn歳の誕生日です。【定期ポスト#1】>…

enumerable_lz 0.1.5 公開しました。

なんか今更感ハンパないですけれど。 約 3 年ぶりに、自作の gem の新バージョンを公開しました。 もう誰も使ってないかもしれないにもかかわらずw enumelable_lz 0.1.5 enumerable_lz (0.1.5): http://t.co/3a62B1Bt8c Add Enumerable#filter, Enumerable#…

CodeIQ の「今週のアルゴリズム:ピタゴラス数」について

この記事は、結城浩(@hyuki)氏著の「数学ガール フェルマーの最終定理」↓を読んでいれば既知の内容ばかりなので、興味の無い方は読み飛ばしていただいて構いません。数学ガール フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)作者: 結城浩出版社/メーカー: …

平方三角数コードゴルフ その後

2ヶ月ほどほったらかしにしててゴメンナサイ(>_平方三角数のコードゴルフ問題解答募集。 Twitter で解答をいただいていたので、それを紹介します。あと、私の見付けている、最短解ではないけれど結構短い解も紹介します。【2013/11/17 10:56 追記あり】

CodeIQ の「カードゲームの役判定」問題 by @Nabetani

仕事はそれなりに忙しいですけれど、それなりに自分の時間を作る余裕も少し出てきたような気がします。 取り敢えず、CodeIQ にはちょこちょこ目についた問題を解いて投稿したりしています。その中の一つ。カードゲームの役を判定する。 先日フィードバックが…

続・文字と数値リテラルを使わない Hello World 考 (in Ruby)

先日の続き。解答集サイトを見ていて、他にもこういう解き方があるな、と色々発見があったので、引き続き Ruby で、先日のとは全く違う方向性の別解をまたいくつか。

文字と数値リテラルを使わない Hello World 考 (in Ruby)

CodeIQ の大人気問題「Restricted Words」が、ついに解答締切となりました。この問題は「数値・文字・文字列リテラルを使用せずに、"Hello World" と出力する」というもの。 解答締切と共に、出題者から解答集が公開されました。解答集を公開します https://…

平方三角数コードゴルフ 解答募集!

まずは報告。『CodeIQの問題・パズルを考えよう!』 にて、平成変換(提案その1) と 日付型のユニットテスト(提案その4) の 2 作が採用になりましたo(≧▽≦)o『日付型のユニットテスト』の方は、審査員のお一方、和田卓人氏(@t_wada)の「TDDの理解度を知…

もっと「クロッシング問題」(=転倒数計算問題)

一昨日 の続き。通称「クロッシング問題」(実質「転倒数計算問題」)について、結城 浩 氏からフィードバックが届きました。 (解答投稿した人しか見られないらしいのでURLとか貼れませんのでご了承ください)その中で、こちらの想定していたアルゴリズム以…

CodeIQ のアルゴリズム問題「交差点をすばやく数えよう!」by @hyuki に解答しました

【2013/09/04 23:00 解答フィードバックを受けて、続編書きました。⇒ もっと「クロッシング問題」(=転倒数計算問題)】CodeIQ のアルゴリズム問題(出題者:結城 浩 氏 @hyuki)にまた挑戦してきました。挑戦者求む!【アルゴリズム】交差点をすばやく数え…

日付型のユニットテスト(『CodeIQの問題・パズルを考えよう!』提案その4)

『CodeIQの問題・パズルを考えよう!(by CodeIQ×はてな)』に #{"また"*3} 応募してみます。今回は、提案と言うより相談です。TDD ネタです。 日付型のテスト… ユニットテストで… 実行環境のシステム日時に依存して結果が変わるメソッドをテストするには、…

センサーデータ解析(『CodeIQの問題・パズルを考えよう!』提案その3)

『CodeIQの問題・パズルを考えよう!(by CodeIQ×はてな)』にまたまた応募してみます。前 2 回は「ほぼ完全な問題」(そのまま出題できそうな問題)の投稿でしたが、今回は(お題本来の意図に沿った?)「問題のアイデア」応募。 モーションセンサー iPhone…

平方三角数(『CodeIQの問題・パズルを考えよう!』提案その2)

『CodeIQの問題・パズルを考えよう!(by CodeIQ×はてな)』にまた応募してみます。 今回はコードゴルフ問題案。 提案する問題 【コードゴルフ】平方三角数 ■平方三角数とは? 三角数とは、n×(n+1)/2 で表すことの出来る整数(>0)のこと。 1 から n までの…

平成変換チェッカースクリプト組んでみた

一昨日の続き。 平成変換チェック 平成変換の結果をチェックするスクリプトを Ruby で書いてみました。 スクリプト本体は gist に上げてあります。最後に埋め込みます。 使い方 prompt$ ./heisei_henkan_check.rb [year] または prompt$ ./heisei_henkan_che…

平成変換(『CodeIQの問題・パズルを考えよう!』提案その1)

『CodeIQの問題・パズルを考えよう!(by CodeIQ×はてな)』に応募してみます。 平成変換 平成変換とは? 平成変換とは、田村三郎著の「数学パズルランド—身近な素材でパズる」(isbn:4061329049、講談社ブルーバックス、絶版)で紹介されている数字パズルで…

CodeIQ のアルゴリズム問題「チョコの量を減らせ!」by @hyuki に解答しました

CodeIQ のアルゴリズム問題(出題者:結城 浩 氏 @hyuki)に先日挑戦してきました。挑戦者求む!【アルゴリズム】チョコの量を減らせ! by The Essence of Programming 結城 浩│CodeIQ昨日締切だったので、もう大丈夫ですよね? 私が解答に使ったプログラム…

「充足可能性問題(3-SAT)を解く乱択アルゴリズム」 by Haxe

初雪です。さっき吹雪いてました。てか3か月ほどブログ更新滞ってました(>_ 統計とか機械学習の勉強も進んでないのですが、今日はリハビリに、また例の 3-SAT ネタでも投下しときます。半年以上前に『Rで「充足可能性問題(3-SAT)を解く乱択アルゴリズム」』…

RMeCab と RCaBoCha をインストールしてみた

えと、今日は取り敢えずインストールの記録だけ。 前準備 R はずいぶん前にインストールしてあったし、MeCab と CaboCha もインストール済。 なので今回は難しいことはほとんどありませんでした。 一応、インストール環境。 OS Mac OS X Lion 10.7.4 R ver.2…

ナイーブベイズフィルターの実装と考察

やっぱ実家はいろいろ捗る。洗濯とか料理とか自分では何もやらなくていいから。 というわけで、前回の勉強の続き、予告通りナイーブベイズフィルターを実装してみました。 実装 と言っても、実装に関しては手抜きです。 gihyo.jpの連載機械学習 はじめようの…

Four Fours by @miruka_bot

8月限定で、Twitter上でちょっと面白いゲームが開催されています。 【夏休み企画】4つの4 (Four Fours)で表そう。ハッシュタグ #FourFours を付けて、私 @miruka_bot 宛に。重複しない正しい式はリツイートします。詳しくは URL へ。今日(8月12日)は 12 です…

フィボナッチ数(2) ver.末尾再帰

暑中残暑お見舞い申し上げます。 この記事書き始めた頃は暑中だったのに色々あって立秋過ぎちゃった。さておき、前回予告した、「フィボナッチ数を求めるための末尾再帰」について。 おさらい …フィボナッチ数 詳細は、前回の記事とか、適当にググってみたり…

最適化の手前の数学

というタイトルで、発表してきました。 一昨日のイベント 数学ナイト2 in 名古屋GeekBar にて。その時の発表資料を↓に埋め込んでおきます。 最適化の手前の数学 from Shunsuke GOTOH 内容のメインは、「フィボナッチ数を高速に求める方法」。 このブログの過…

ベイズの展開公式

前回から2か月以上間が空いてしまいました。 勉強の続きです。というかまともな連休がないと勉強が進まない自分をなんとかしたい…。 事前確率・事後確率 事前確率・事後確率というのは、ベイズの定理やその応用を勉強していて初めて触れた言葉です。 事前確…

MeCab Ruby と CaboCha Ruby をインストールしてみた

機械学習も統計もあまり勉強進んでいませんゴメンナサイ。 ちょっとそのきっかけ作り(という名目の個人的な実験)のために、形態素解析とか日本語係り受け解析とかを試してみることにしました。 個人的な理由のために Ruby からの利用を前提として。 MeCab …

汎用的で省メモリかつかなり速い素数無限列挙

台風凄かったですね。私の住んでいる地域では、夕方頃に風雨ともかなり強かったのですが、今はもうだいぶ落ち着いてきちゃいました。さてさて。昨日の記事の続きです。 まずはPrime::A2Generatorの説明、その前に、その元になっているメモ: 上限を決めずに素…

汎用的でけっこう速い素数無限列挙

二週間ぶりです。風邪引いてました。二週間かかってようやく落ち着きました。この時期の夏風邪ってば以下略。さてさて、今日から暫く「素数列挙」の話をします。 Ruby1.9 の素数列挙メソッド Ruby1.9には、素数列挙・素数判定・素因数分解を一手に扱う素数ラ…

セクシー素数

なにやら数学嫌いでも興味を持たずにはいられない数学用語ランキング - 学びランキング - goo ランキングで1位だということで。 記念に「セクシー素数(http://ja.wikipedia.org/wiki/セクシー素数)」を列挙するメソッドをRuby*1で書いてみました。 実行例↓…

数学ガール ガロア理論 第一感想

@antimon2: 流し読み&付箋貼り完了ー。 URL2012-05-30 22:36:22 via Photos on iOSうん、良かったです。 台詞はたった一言だったけど、今回は背後で見守っていたり、テトラちゃんの台詞の吹き出しの中で目を光らせてたりと、今までになく人間性豊かな描写(…

Rで「充足可能性問題(3-SAT)を解く乱択アルゴリズム」

R SAT

新しい言語を覚えるときに、数学ガール 乱択アルゴリズムの「充足可能性問題(3-SAT)を解く乱択アルゴリズム」(p.353)を実装するという癖がついてしましました。 ということで、勉強中のRで実装してみました。 Vector*1の概念が独特で分かりにくかったけ…

素数表

別の目的でジュンク堂へ行ったのですが、ついつい目が行ってしまって。 買ってしまいました。 素数表。価格は、本体価格も税込み価格*1も、全く同じ3つの素数からなる3桁の数。 でもおしいことに、どちらも素数ではありませんでした。 どうせなら、本体価格…

NagoyaRに参加してきました。

NagoyaR #8に参加してきました。 これから業務で R を使っていく(事になるハズ)なので。前半は「入門者講習」。Evernoteに残したメモをそのまま貼り付けておきます。 R概論 要するに統計ソフト 無償、統計処理の種類が豊富、グラフィックスが美しい(Vecto…

πの有理数近似(分母分子素数限定)

一昨日考えたゲームが気になってスクリプト組んで色々試してました。 試しに2つの素数の比(分母分子が素数の有理数)で円周率にできる限り近いものを探してみたら、↓ 1833616417 / 583658233 = 3.14159265358979353… 小数点以下15桁まで一致するものまでは…

分数ゲーム q/p

こんなゲームを思いつきました。 対象人数:2人以上。 まずサイコロを振る。 出た目を N とする。 「今から N に近い分数 q/p を言い合おうぜ。 N に一番近いヤツが勝ちね。 ただし分母(p)も分子(q)も素数限定で!」 N=1 なら「なるべく大きい双子素数…

変形魔方陣

一週間、空いてしまいました。 ちょっとリハビリのために、今日はコンピューターパズル問題の話。 もちろん数学のエッセンス多めです。キーワードは、数学的裏付けと式変形。 変形魔方陣 かつて存在した、「Cマガジン」という雑誌の、コンピューターパズルの…

数列クイズ 12233241, …

午後の、ちょっとしたひと時に。 12233241, □, 1322334151, 14233242516171, 1523324152617181, 162332415162718191Q1. □ に当てはまる数は?Q2. この後に続く数は?

フィボナッチ数

今日は、みんな大好きフィボナッチ数列。 柏餅おいしかったとかちまき上品な甘さだったとか実家のタケノコごはんがとかそういうGW後半ネタはすぱっと省略。フィボナッチ数列。 「1, 1,」から始まって、それ以降は「前の2つの数の和」が続く数列、のこと。数…

確率のおさらい(1)

何か世間では a-b÷c=d!(かつ (a-b)÷c=dの場合等)が話題のようですが、さっくり無視して我が道を行きます。これから何ヶ月かかけて、ベイズ理論とか機械学習のあたりを少しずつ勉強進めていこうと思います。 主な教科書は、gihyo.jpの連載、機械学習 はじめ…

コラッツの予想

勉強は明日からにして、今日はまたちょと趣味に走ります。コラッツの予想(wikipedia:コラッツの問題)というものがあります。 任意の0より大きい整数 n をとり、 n が偶数の場合、n を 2 で割る n が奇数の場合、n に 3 をかけて 1 を足す という操作を繰り…